風俗の匠<男の遊び情報>

風俗の匠<男の遊び情報>

当サイト「風俗の匠<男の遊び情報>」では、風俗についてのお役立ち情報をご案内しています。
まずは当サイトサイドメニューにご注目ください。多くの風俗は、合法で営業をしており、予めしっかりと風俗営業の許可を取得しています。
しかし中には無届けで営業をしている違法行為をしている業者も存在しているのでご注意ください。
日本には数多くの風俗があり、男性の性的欲求を満たしてくれることでしょう。
今一番人気の風俗と言えばデリヘルですが、その他の風俗も最高の快感を味わうことが出来ます。

 

もし貴方が新たな風俗を開拓しようと考えているのでしたら、まずは風俗の口コミ情報を確認しましょう。
口コミサイトに書き込まれている情報はリアルな感想を見ることが出来るで大変便利です。




風俗の匠<男の遊び情報>ブログ:21-11-27
私は、ダイエットのために食事にも気を付けて、
体操も頑張っていたんですが、ぎっくり腰になってしまいました。

ぎっくり腰の治療中はほとんど動けませんから、
当然体操などはできません。
ひたすらジーっと布団で横になり、痛みが引くのを待つしかありません。

で、どういうわけか
食事のダイエットまでお休みしてしまいました。

本来「ぎっくり腰で体操ができない」ことと
「ダイエット」は関係ありません。
ましてや「ぎっくり腰」と「食事」なんてまったく無関係です。

でも人間心理として
「ぎっくり腰で体操できない」=「ダイエットできない」
と考えてしまい、その結果
「食事のダイエットもやめてしまう」
という図式になってしまったんですね。

やがて、ぎっくり腰が治って、ふと鏡を見ると、
そこにはでっぷりとお腹の出た自分が…
そして体重計に乗ると…

あれだけ食事と体操に頑張っていたのに、
たった1回ぎっくり腰になっただけで、すっかり冷めてしまい
ダイエットをやめてしまったのです。

そして最後に一言。
「あー、ダイエットなんてしていたからぎっくり腰になったんだ」
とか
「ダイエットなんて身体を壊すだけだから無理しないようにしよう」
「やっぱり私はダイエットなんてできない人間なんだ」
などなど、こんな風に論理が飛躍し、
せっかく頑張っていた苦労を無に吹き飛ばすだけでなく
2度とダイエットをやらないように
自分で自分を方向づけてしまうんですよね。

そもそも、ダイエットしていたから
ぎっくり腰になるなんてことはありえません。

まったく無関係なのに、なぜか責任をダイエットに押し付けてしまい、
せっかくのチャンスを、
たかがぎっくり腰一つで吹き飛ばしてしまったのです!

風俗の匠<男の遊び情報> モバイルはこちら